PROFILE

CHABO

(本名 : 吉岡哲也)

一児の父。高校生の頃「お前は鶏に似てる」と言われたことから「チャボ」と、あだ名が付く。最近の趣味はマウンテインバイク、ミュージカル観賞、フットサル、DIYなど広く浅く多趣味である。ドラマーchad smith(Red Hot Chili Peppers)との出会いはリズムの新たな扉を開くきっかけを与えた。Billy Ward、Gospel Chops、村上ポンタ秀一、映画音楽、ゲーム音楽などに影響を受け、斬れのあるサウンド、蝶のように華麗で迅速に舞うドラミングを追求する。インスピレーションを感じる時は、専らライブ映像を見ている時であり、CDはあまり聞くほうではない。歴史や幽霊などミステリアスで神秘的な世界に関心がある。ジェットコースターをこよなく愛し、この時ばかりは奇人へとトランスする。今後の課題として「幽霊との会話」「ジェットコースター世界制覇」に野望を燃やす。

 

Biography

1978.11.13 群馬県高崎市に生まれる。当時は一杯のご飯も完食できぬほど食が細く、現在身長159cm。「スーパーマリオブラザーズ」「ファイナルファンタジー」などのテレビゲームやアニメにどっぷりと浸かる幼少時代。プラモデル、ミニ四駆などで遊び、音楽無縁一家にて育つ。

15歳、ベースをプレゼントされたことをきっかけに音楽に興味を抱く。その後George Winston「あこがれ」に魅せられピアノを独学。友人の薦めでスティックを握ることになるが、当時はドラムセットに触ることも稀で、数年間はゴミ箱の上に座り、尻を痛めながらイメージトレーニングに没頭。

2005年3月 ひねくれPOPバンド「黒赤ちゃん」に加入。Root Musicより1st mini Album 『海をとびこえる作戦』をリリースし、東京ワンマン公演SOLD OUT、 『Daiki-sound セールスランキング』にランクインなど“ひねくれPOP”の旗手として話題になる。全国ツアー開始。森園勝敏(ex四人囃子)の前座を努める。

2007年3月、aiko、アンダーグラフ、いきものがかりを手掛ける『島田昌典』をプロデューサーに迎え、Sony Music Group より待望のMajor Debut 1st Album「少年ユニヴァースの地球儀」をリリース。ワンマンライブを東京吉祥寺スターパインズカフェ、名古屋ボトムラインの2箇所で開催。”少年ユニヴァースの地球儀”全国ツアー敢行。FUNKY MONKEY BABYS、Metis、Superflyらと共演。

2007年10月 せいせきハートフルコンサート~ジブリ映画:耳をすませば~に出演し、声優:本名陽子さんのバックバンドを務める。

2008年4月 堂島孝平企画コンサート「サモ・タノシゲーナ」出演。

2009年 頭脳警察PANTA氏のバックドラムを務める。 1st Maxi Single「街は今日もにぎやか」リリース。

2017年9月 ウェブアニメ「ひとり暮らしの小学生」 主題歌のレコーディングに参加。

2017年12月 スウェーデンから来日したゴスペルシンガーEmily、Gilbertのクリスマスコンサートに参加。

2018年1月 テレビアニメ、うちのタマ知りませんか?「タマ&フレンズ vo:笠原弘子」主題歌のドラム参加。

2018年6月 バンダイナムコ『テイルズ オブ』 シリーズのアニメ「ているず おぶ HR(ホームルーム)」主題歌(CV:福圓美里)に参加。

2018年6月 渋川青年会議所主催 「1000人ROCK FES.GUNMA 2018」 メインドラムを担当。

2018年11月 人気アプリ「SHOWROOM」にてシンガーソングライターオーディショングランプリを獲得したアーティスト「完伍(かんご)」のデビュー曲に参加。